クリティカルシンキング

クリティカルシンキングとは、
「世界のリーダーにふさわしい良質の創造的思考」

クリティカルシンキングとは、世界の様々な問題に対し知的好奇心をもち、問題を設定し、その問題に多角的な視点から論理的に分析を加える能力のことです。

クリティカルシンキングの必要性

クリティカルシンキング能力が、ハーバード大学メディカルスクールやビジネススクールをはじめとする世界のトップスクールで徹底的に鍛え上げられていることは広く知られています*。
こうした良質な思考ができる人材は、人生に生きがいを感じ、世界の様々な分野で活躍し、世界に貢献しています。
これからの時代、この重要性はさらに高まるのです。なぜでしょうか?
今後ますます進行するグローバル化により、WEB・リアルを問わず様々な言語で更なる情報の氾濫が予想されますが、その中から情報を選択し、判断を行っていく力が必要になります。
また、人口知能×ビッグデータの急速な発展により、今まで経験したこともない複雑な問題が次々と起こる可能性もあります。これらにスピーディーに対処することが求められる現代社会において、創造的かつ批判的にものごとを分析し、複合的に世界を見る力が重要になってくるのです。

あなたの才能を伸ばす、クリティカルシンキング育成教育

教育とは知識を与えるものではなく、あなたがもっている創造性や才能を伸ばすもの。私たちは、あなたが「いかに学ぶことを学ぶか」を身につけてもらうことが大切だと考えます。そして、その基本をなすクリティカルシンキング育成教育をしっかり行います。こうした能力を持つことで、未知の分野であっても臆せず問題解決に挑めます。

クリティカルシンキング学習法

クリティカルシンキング能力をつける方法ですが、最初の段階ではディベートを通じてこうした方法論を学んでいきます。ディベートという、情報の分析から始まり、論理的に精緻にその情報を利用し結論を出していく方法でスキルを養います。

次に、ハーバード大学などの意思決定論のケース**を利用して、クラス内でこのスキルを実践します。これまで日本の高校生に対してほとんど行われてこなかったケースを利用した学習方法は、あなたの才能を開花させるでしょう。

*参考HPはこちら
*参考資料はこちら(ダウンロードが始まります)
**ケースとは、具体的な問題を設定し、背後にある理論やモデルを理解するための実践的学習方法。

学習できるプログラム・コース

グローバルリーダー・プログラム > グローバルリーダー講座(日本語)
グローバルリーダー・プログラム > クリティカルシンキング Lower
グローバルリーダー・プログラム > クリティカルシンキング Upper


お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ