2011年7月29日
筑波大学
猿渡 康文 教授

〜数学的思考からアプローチ。東京ディズニーランドの満足する回り方〜
1992年3月、東京理科大学工学研究科経営工学専攻博士後期課程単位取得退学の後、1992年4月、防衛大学校社会科学教室講師に就任。1993年3月、博士(工学)東京理科大学取得。1997年4月、筑波大学助教授・社会工学系。2004年4月、国立大学法人筑波大学助教授・ビジネス科学研究科。
2007年4月、国立大学法人筑波大学准教授・ビジネス科学研究科。2007年10月、同校・ビジネス科学研究科。現在に至る「プロジェクトマネジメントスキルにおけるOJTトレーナの役割に関する研究」等、論文、著書多数。
igsサマースクールでは、生活の中の数学と題し数学的な思考を元に「東京ディズニーランドの満足するまわり方」考えていきます。当講座受講後はよりディズニーランドで楽しめるのはもちろん、数学的思考を日々の生活にも応用できるようになります。