2012年7月25日
萩原 俊一 様
〜博士(社会科学系都市・地域計画/地域経済学)(Ph.D. ミシガン州立大学) 法政大学名誉教授・ミシガン州立大学特任教授・株式会社萩原俊研究室(一級建築士事務所)主宰。環境と開発の共生をテーマに都市・地域計画・建築設計活動を進めてきている。
関心事に、ミシガン州立大学はもとより、韓国、中国、ルーマニア、トルコなどでの講義経験、その他多くの国での講演、シンポジウム・セミナー参加経験から、昨今の我が国の若者の内向き志向に大きな懸念を持つ。

講義内容
〜Creativity & Originality〜なぜ、米国に「Microsoft」、「Intel」、「Apple」、「Google」、「Facebook」などが生まれるのか?
創造力(Creativity)とは何か(無いものを考えだす力)独創力(Originality)とは何か(無いものを作り出す力)発見力(Serendipity)とは何か(偶然の発見を見逃さない力)これらの力は何を産むか(卓越した研究者、芸術家を産む)
これらの力を身につける方法はあるか(無限の答、右脳訓練クイズ)日本人はこれらの力を持つか(特異な人々のみ持つ)+留学の意味、意義と成果(多様な価値観と世界観の共有)バイリンガルと認知症についての興味深い研究。

憧れの建築家の方から専門的なお話を直接聞けてうれしかったです。
教養3時間の講義が30分延長しましたが、それでも足りないと感じるくらいでした。
A.M.さん 女性 高校1年