2013年4月6日
永井 希依彦様
1979年、東京生まれ。2002年大学卒業後、NGOに職員として参加し、フィリピン・バングラデシュ・韓国で農村開発の活動に従事。(その間、韓国での障害者雇用推進活動を評価され、World Art & Culture Exchange Associationより感謝状を受ける)2005年に渡米。コロンビア大学、及び、コーネル大学で、開発経済を中心とした国際開発学を学び修士号取得。在学中は、キャンパス内での研究活動のほか、インド・タイ・アイルランドでの在外調査研究や、学部生向け講義を担当するなど教育にも携わる。専門は、環境保護活動・農村開発・社会関係資本の定性・定量分析など。2008年に帰国後、製鉄プラント会社勤務を経て、現在、大手コンサルティングファームで、調査・分析業務に従事。常勤勤務先以外でも、海外で学んだ専門領域を活かして、大学での講義、IUCN(国際自然保護連合)北京支部アドバイザ、および、東京都東京文化発信プロジェクト室でアートイベントのアーカイブ化及び評価の導入に関するゲストスピーカなど、精力的に活動中。