グローバルリーダーと日本の未来について議論しよう!@富士スピードウェイ(英語/日本語)

このイベントは終了いたしました

世界的女性カーレーサー井原慶子/グローバルリーダー育成スクールInstitution for a Global Society(igsZ)主催
特別協賛:Z会、協賛:USJLP**(米日財団 リーダーシップ・プログラム)有志 他

日時 2013年10月19日(土) 13時〜18時30分
対象 中学3年〜高校2年生 40名
保護者様のご参加も可能です(2日券パス代金 15,000円がかかります。)
集合場所 富士スピードウェイ( アクセスはこちら
参加費 無料(先着順、但し、以下の課題【自由に関する哲学的問い】を事前提出できる学生*)
課題 「あなたにとって自由とは」
英語または日本語、A4サイズ2枚以内、提出期限 2013年10年12日(土) *
言語 英語セッション(20名)、日本語セッション(20名)
下記の内容②では、英語のセッションと日本語のセッションに分かれますので、どちらに参加ご希望かをご指定ください。
英語セッションでは、英語で意見交換をします。目安として英検2級程度をお考えください。ただし、それに満たなくても意見交換をしてみようと思う方は是非チャレンジしてください!
講師 井原慶子、igsZ(福原正大、ハーバード大学首席卒業米国人講師)、
USJLP**グローバルリーダー、WECカーレーサー運営者、Tracy W. Krohn***
内容 「グローバルリーダーと日本の未来について議論しよう!」
① 議論:日本の未来について(USJPL**リーダーと議論しよう)
② 教養:自由に生きる〜自由とは?〜
③ ロールモデル:グローバルリーダーのマイストーリー
④ アクティビティ ①、②(オプション)
アクティビティ ① ピットで世界のトップレーサーたちとじかに触れ、ピット交換や実際の試乗
② WEC 19日午前中の予選、20日本戦を観戦可能(ただし、宿泊費は各自負担)

脚注

* 課題の提出までに課題をご提出いただけない場合は、補欠の方に席をお譲りすることになります。

** 米日財団「日米リーダーシップ・プログラム」について
日米リーダーシップ・プログラム(USJLP: US Japan Leadership Program)は米日財団が主催し、多彩な分野で活躍する日米両国の次世代のリーダー各約20名が、当初2年間、日米両国で合計2週間にわたり寝食を共にします。その中で日米両国の政治、経済、社会、歴史、文化等の講義を受け、グループに分かれて意見交換や討論を行います。このプログラムは、2000年に開始され、既に日米両国から合計約250名が参加しました。二年間の活動を終え、プログラムのFellowsとなった参加者は、日米両国の様々な分野で大いに活躍しています。日米両国の各地でUSJLP会合が頻繁に開催され、友情のネットワークがどんどん拡大しています。今回の主宰者の井原慶子、igsZ福原正大は2人ともUSJLPの参加者です。

*** Tracy W. Krohn (born August 26, 1954 in Houston, Texas) is an entrepreneur, business mogul and auto racing enthusiast who was a new addition to the 2006 Forbes 400 list of the wealthiest Americans, at #320. He is currently #278 on the list. He has a petroleum engineering degree from Louisiana State University and has worked as an engineer and drilling supervisor for Mobil Oil. Krohn founded W&T Offshore with $12,000 in 1983. He resides in Houston.

お問い合わせ先

igsZ総合案内

電話
03-3406-2255 火曜〜土曜12:00〜20:30(日曜・月曜を除く)
Email
info@iglobalsociety.com

お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ