大好評の昨年に続き今年も開催! 特別ワークショップ「正解のない世界を生きるために—哲学対話のススメ2017」4/22(土)

開催日時
4月22日(土)
 10:00~12:00(小学生と保護者向けセッション)
 13:00~15:00(中高生と保護者向けセッション)
対象者
小学生と保護者、中高生と保護者
参加費
参加者1名当り 1,000円(税込。当日受付にてお支払いください) ※igsZ現受講生と保護者は無料
会場
【東京】igsZ渋谷校
東京都渋谷区渋谷1-23-18 渋谷ワールドイーストビル4階(アクセス
お申し込み
https://www.zkai.co.jp/enquete/?s=igsZ_event

 環境問題や貧困問題、複雑さの様相を増すさまざまな社会問題。どれをとっても、唯一絶対の正解というものが存在しない、そんな世の中に私たちは今、生きています。このような時代にこそ、物事の本質を徹底的に掘り下げて考える哲学的態度がこれまで以上に求められていると言えます。

 igsZではこれまでも「クリティカルシンキング」「福原アカデミー」等の講座の中で、哲学的アプローチを授業の中に積極的に取り入れてきましたが、昨年春に続き再び、東京大学UTCP(共生のための国際哲学研究センター)様のご協力を得て、特別ワークショップを開催することとなりました。

 当日は小学生から高校生まで幅広く、また保護者の皆様もご参加いただけます。保護者の方が加わることで、対話は想像以上に広がりますので、是非奮ってご参加ください。(一般の方は有料となります。要事前予約)

※日本語で実施します。

■春の特別ワークショップ「正解のない世界を生きるために — 哲学対話のススメ2017」

【当日の対話テーマ】
講師が当日持参する「絵本(日本語)」数冊の中から、グループごとに対話の材料にする本1冊を選び、対話をします。対話の進め方は、講師がファシリテート(サポート)します。絵本が持つメッセージ性には、実はとても深いものがあります。たった一つの正解のない世界を生きる今、すべての人に必要な資質。それが、哲学する態度だとigsZは考えます。とりわけ海外大学をめざす人には、「自分は一体何者なのか」という問いが大学から突き付けられることになります。その哲学的問いに答えるための基礎訓練を、このワークショップを通して体験してみませんか。

【講師(ファシリテーター)】
梶谷真司: 東京大学大学院総合文化研究科教授。共生のための国際哲学研究センター(UTCP)センター長。専門分野:哲学・比較文化。京都大学大学院人間環境学研究科博士課程修了。

八幡さくら: 東京大学 共生のための国際哲学研究センター(UTCP)特任研究員。専門分野:哲学・美学。神戸大学大学院人文学研究科博士課程修了。

チラシこちら(PDF)

お申し込み・お問い合わせ

以下のフォームよりお申し込み下さい。

お問い合わせ先

igsZ総合案内

電話
03-3406-2255 火曜〜土曜12:00〜20:30(日曜・月曜を除く)
Email
info@iglobalsociety.com

お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ