スクールコンセプト

世界の仲間と未来を創る。

新しい時代が求める世界標準の教育を受け、
グローバルリーダーとなって、国際社会に貢献したいあなたのための塾。

国内外トップスクールの進学対策にとどまらず、
グローバルな舞台で活躍するリーダーへの道をあなたに拓くのが、
私たち、英語で考えるリーダー塾igsZです。

igsZは、将来、グローバルに活躍するリーダーを目指す小中高生のための「まったく新しい塾」です。「世界の人々と競争と共創を行い、新しいグローバルコミュニティを構築していく。その過程で、世界の問題を発見・共有し、問題の解決を行っていける人材」̶ これが、igsZが考える、未来のグローバルリーダーの姿です。

igsZは、海外大学入学に必要なSAT® 試験対策や、東大推薦入試・京大特色入試に代表される国内のSGU(スーパーグローバル大学)入学にも必要なTOEFL®テスト対策やエッセイ対策だけでなく、グローバルリーダーに必要な創造的な考え方、問題を発見し定義する力、論理的に英語でコミュニケーションする能力、また問題を解決に向けて動かす実行力などを身につけるための多様なコースを提供します。

igsZの使命

igsZを卒業した未来のリーダーたちが、
世界の課題に立ち向かい、
創造的な解決法を実践し、
国際社会に貢献するコミュニティを創ること

igsZからのメッセージ
〜なぜ「英語で考えるリーダー塾igsZ」を設立したのか?〜

これまで日本の教育では、日本の有名大学のみをめざし、記憶力偏重の受験戦争が繰り広げられてきました。しかし、グローバル化や人工知能×ビッグデータの急速な発展により、時代の変化のスピードが速まり、既存知識が加速度的に陳腐化する時代には、日本のこれまでの受験勉強で重要な「何を知っているか」があっという間に意味を失うのです。一方で、考える力をもち世界標準のコミュニケーション力をもった人材を育成してこなかった結果として、世界を舞台にリーダーシップを発揮できている日本人がほんの一握りとなりました。

こうした危機的状況の中、文部科学省は、「考える力」と「国際性」を重視した教育の推進に舵を切りました。記憶偏重のセンター試験の2020年度廃止と、スーパーグローバル大学の認定です。新テストでは、考える力を測ることが重視されます。また、日本のスーパーグローバル大学は、TOEFL iBT®等の資格検定試験導入で英語4技能を測り、エッセイで考える力と社会との関わりを評価する試験の導入をめざします。教育業界は大きな変革期に突入したのです。

今後は、世界を視野に入れ、世界標準のコミュニケーション力、考える力に加えて、社会に出てから必要となる、創造力、問題設定・解決力、論理力、プレゼンテーション力などの「基礎力」を育むことが成功の条件となります。この力をもった新時代のグローバルエリートは、世界を視野に不確実な中にも未来を見ようとし、独自の視点で問題を設定し、よりよい未来を切り開いていくことをめざします。新しい時代のグローバルリーダーです。

日本には非常に緻密で勤勉で、世界レベルで見て優秀な人は多くいます。ただ、残念なことに世界を舞台に活躍する日本人は多くなく、「日本では顔が見える人が少ない。」という指摘をよく見かけます。その理由として、多くの人が「世界標準のコミュニケーション力」をもち合わせていないのです。この世界標準のコミュニケーション力とは、流ちょうな英語をしゃべるということではありません。創造的な多くの考え方を、論理的に、相手を説得するように英語でコミュニケーションをする能力です。この能力を多くの日本人が早くに身につけていけば、世界で活躍する日本人は必ず増えるでしょう。

日本の中学生や高校生に、大学から日本のみならず世界を視野に入れ、自らの可能性をさらに伸ばすための「世界標準のコミュニケーション力」「考える力」「基礎力」を養成するために、『英語で考えるリーダー塾igsZ』は設立されました。「新しい時代にあったグローバルリーダーを育成したい」という強い思いに、多くの現役グローバルリーダーからの賛同、そして日本のエリート教育を引っ張ってきたZ会の力を得てigsZは今日に至ります。私たちのグローバルリーダー・プログラムでは、国内外トップスクールに進学することにとどまらず、「考える力」「国際性」「基礎力」をもった、世界に貢献する未来のグローバルリーダーになるべき人材を育成いたします。


お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ