igsZ 海外大学合格体験談

business-3443583_1920
開催日時
12月27日(木) 14:00~16:00
対象者
中高生・保護者
参加費
2000円(igsZ現受講生は無料)
会場
igsZ渋谷校 (JR渋谷駅徒歩5分)
東京都渋谷区渋谷1-23-18 渋谷ワールドイーストビル4階(アクセス
お申し込み
https://igsz201827.peatix.com/

igsZ卒業生が海外大学の魅力をお伝えします!

海外大学に進学したigsZ生が、その魅力をお伝えするシンポジウムを開催いたします。

どのようなきっかけで海外大学を目指し、出願準備にどのように取り組んだか、その過程で苦労したことや成功したこと、また誰もが気になる奨学金についてなど、留学・海外大学進学を考える際に参考となる貴重な体験談が聞けるイベントです。

ざっくばらんにお話しできる貴重な機会です。
海外大学を視野に入れている方や、これから考えるという方、保護者の方も、お気軽にご参加ください!

プログラム(予定)

14:00-15:00 各大学紹介 
15:00-15:20 質疑応答
15:20-16:00 個別相談

大学紹介および登壇者

(予定)

白川太郎:ウィリアム・アンド・メアリー大学

ウィリアム・アンド・メアリー大学
1693年に創設。全米で2番目に古い歴史を持つ、アメリカ東海岸バージニア州にある中規模総合大学。総合大学のため、研究分野も充実している反面、少人数教育を大切にするリベラルアーツの側面も持つ。8校あるパブリック・アイビーの一つとされ、US News紙ランキングにおいても、学部教育が全米で7位と高く評価されている。ワシントンDCから比較的近く、国際関係学などの政治系の学部が強い。卒業生には、米第三代大統領 Thomas Jefferson、前FBI長官James Comey、元国防長官Robert Gatesなど。

白川君&石川君

白川太郎(しらかわたろう)
9月から4年生、哲学/国際関係学専攻。卒業年となる今年は、哲学で倫理観に関する卒業論文 (Honors Thesis)を書くと共に、Pulitzer Center と大学のコラボのプログラムの中でジャーナリズムを学びつつ、倫理観に関する国際的問題(発展途上国における違法労働など)について研究、執筆する予定。大学生活では日本でできない事にできるだけ挑戦することを胸に活動してきました。

瀬尾顕(せおあきら):トロント大学:

トロント大学
大都市と自然が融合し、美しい街並みの中にある University of Toronto (トロント大学)。トロント大学はカナダナンバーワンの大学であるだけでなく世界大学ランキングトップ 20 に入る世界的に著名な、カナダを代表する名門の総合大学であり、そしてカナダ最古・最大の大学です。 

瀬尾碩(せおあきら)

東京生まれの東京育ち。都内の高校に通っていたが、高1のある時に、何となく日本より海外の方が合っているのではないかと思うようになる。落ちる覚悟で経団連の奨学金に応募すると、UWC Adriatic という2年制のイタリアの全寮制のインターナショナルスクールに合格し、2014年の秋に入学。イタリアではヨットとシーカヤックに励んで、ヨットクラブの統括をしている。また、最近はイタリア語を少しずつしゃべれるようになってきた。ちなみにサイクリングはもっと好きで、自転車で隣国のスロベニアまで行ったことが自慢。

藤尾充樹:グリネル・カレッジ

グリネルカレッジ
1846年に創設。「リベラルアーツ教育、多様性、社会的自立と責任」 「自由に学問を追求し、意見を交換し合えるコミュニティー」をモットーに、社会貢献できる多様な人材の教育に力を注いでいる。2018年度のUS News Rankingでは、「学部教育の質」と「イノベーティブな大学」の2項目で全米4位と高評価を得ている。また、留学生が全体の20-25%を占め、多様性に富んだリベラルな大学として知られている。

グリネルカレッジ藤尾充樹

藤尾充樹(ふじおみつき)

栄光学園高校を卒業後、グリネルカレッジに入学。高校生の時に受講していたIGSの哲学の授業の影響で、社会にとって普遍的に「良い」価値観や行為とはなんなのだろうという疑問を抱き始め、大学では社会学を専攻。しかしアカデミアの、経験や感覚から乖離されたエリート的傲慢さを感じ、自らが見たことのない現実を肌で感じるために南アフリカへ飛び立つ。現地の教育NPOに参画し、コザ民族の英語教育開発ボランティアを行う。また、社会学的思想から発展し、演劇やアートパフォーマンスにも関心を抱いている。四年次1学期目はニューヨークに国内演劇留学予定。

速水七星:ボードウィン・カレッジ

ボードウィン・カレッジ
ボードウィンカレッジ
1794年創立。メイン州にある学生数1,800人ほどの全米有数の名門リベラルアーツ・カレッジ。大西洋に近く、環境学や自然科学を学ぶのに最適で、キャンパスをとりまく自然全体が学びの場として活用されている。コンピュータサイエンスにロボット工学も組み入れた先端技術の研究の場となっている。古典からゲイ・レズビアン研究まで、幅広い専攻が存在し、リベラルかつ歴史ある特性を反映している。フランクリン・ピアス第14代アメリカ大統領をはじめ、Subwayの創始者ピーター・バック、Netflixの創始者リード・ヘイスティングスなど数々の逸材が巣立ってる。

速水七星(はやみななせ)

東京生まれの東京育ち。幼稚園から中学まで都内の私立校に通う。中学1年生で参加したスイスのサマースクールで刺激を受け、中学3年生で留学を決意。高校はニューヨーク州にあるボーディングスクール、Emma Willard School に通う。現在はBowdoin Collegeの1年生で、哲学/政治学/フランス語専攻予定。大学ではオーケストラに所属し、様々な音楽に関する活動に関わっている。

お申し込み・お問い合わせ

以下のリンクをクリックすると「お申し込みフォーム」が表示されますので、そちらからお申し込み下さい。

お問い合わせ先

igsZ総合案内

電話
03-3406-2255 火曜〜土曜12:00〜20:30(日曜・月曜を除く)
Email
info@iglobalsociety.com

お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ