【鎌倉】スタンフォード大生が実践するデザイン思考ワークショップ

2018年5月5日
江ノ電フリー画像

終了いたしました

デザイン思考でひも解く鎌倉

創造性を育む教育アプローチの一つとして、デザイン思考が今、注目を集めています。デザイン思考とは「問題を解決するための考え方の方法論」の1つです。「共感」「定義」「概念化」「試作」「テスト」というプロセスを繰り返すことで、問題解決に至る「デザイン思考の5段階」という特徴で知られています。

スタンフォード大学は、本来はデザインや工学の分野で知られていたデザイン思考を、それらにとどまらない一般的な方法論として教えていることで有名です。デザイン思考が広く知られる前から、デザインスクールd-schoolを立ち上げ、社会課題についての独自の視点や、今までの常識にとらわれないものの産出に貢献してきました。

デザイン思考の5段階

デザイン思考

Source:Interaction Design Foundation
5 Steps of Design Thinking



「デザイン思考の5段階」は、ハーバード大学デザイン研究所のハッソ・プラットナー教授が提唱した思考モデルです。

1:共感
インタビューや観察を通じて、ユーザーが求めていることを導き出します。
2:定義
ユーザーのニーズ、課題を抽出し、目指すべき方向性・コンセプトを確立します。
3:概念化
仮説を立て、課題の解決法となるアイデアを生み出します。
4:試作
アイデアを元に、低コストで作成できるプロトタイプを作成します。
5:テスト
プロトタイプについてユーザーの意見を聞き、課題解決に寄与しているか検証します。

上記のようなプロセスで問題解決に至る思考を「デザイン思考」と言います。igsZのサマーワークショップでは、スタンフォード大学生とともに実際にフィールドワークを行い、課題を抽出、仮説を立ててアイデアを生み出すといった一連のプロセスを実践します。

3つの特徴

Stanford_Univeristy-Log

1:課題を発見する力が養われる

スタンフォード大学生とのフィールドワークを通じて、普段見過ごしている課題を発見します。今回は鎌倉をフィールドワークの場所として選定しました。観光地であり、古都でもある鎌倉では、神社仏閣だけでなく、海や山もあり、新しい町並みと古い町並みの融合、伝統的なデザインと近代的な技術の融合など、様々なタイプの課題と、先人たちのデザイン思考の足跡に溢れ、フィールドワークにとって格好の場所です。

2:新しい視点の獲得

今までははっきりと定義された正解に、いかに早く、間違いなく、たどり着くことが学業上求められてきました。しかし、前例のない課題に対してどのようにアプローチするのか、その考え方が問われるように、時代が変わってきています。海外大は当然ながら、日本のトップ大学でも、その生徒自身のユニークな着眼点や思考を問うように、受験も変わってきています。

「デザイン思考」という言葉を知らない生徒も多いはずです。また、知っていたとしても、10代のうちに世界トップレベルの大学生とワークショップをした経験のある生徒は稀でしょう。今回のサマーワークショップでは、スタンフォード大学生と、実際の町並みや物をみながら「デザイン思考」を実践することができます。

3:スタンフォード大学生から英語で学ぶ2日間

京都ワークショップ

スタンフォード大学生と共に、デザイン思考の思考法・表現法を学ぶことができる本プログラムは、特にコミュニケーション力と考える力に焦点を当てています。ワークショップは全て英語ですが、先輩スタッフが適宜サポートに入ります。また、実際の町並みや物を見ながらコミュニケーションができるので、英語に少し自信がなくても、是非チャレンジする意味をご家庭で話し合い、挑戦してみてください。

英語レベルによっては、思ったことを伝えることができず、悔しい思いをするかもしれません。しかし、そうした経験があとから学ぶ必要性を生徒自身が納得することの礎になります。むしろ他の生徒が話せて悔しかった経験がバネになるからこそ、「言われたから勉強する」のでなく「自分から学びたい」と思える主体性が身につきます。

概要

対象 中3~高3(英語力の目安:英検2級以上)ワークショップは全て英語ですが、先輩スタッフが適宜サポートに入ります。また、実際の町並みや物を見ながらコミュニケーションができるので、英語に少し自信がなくても、是非チャレンジする意味をご家庭で話し合い、挑戦してみてください。
使用言語 英語
日程 7/27(金)~7/28(土) ※9:00~17:00(休憩含む)
※宿泊なし(必要な場合は各自にてご手配ください)
持ち物 昼食、飲み物、歩きやすい靴、ノート、筆記用具、デジカメ(スマホ可)
会場 鎌倉
受講料(税込) 28,000円
募集人数 15名(先着順)

2018年は京都でもワークショップを開催いたします。京都ワークショップへの参加をご希望の方は下記のページをご確認ください。
京都ワークショップ詳細ページはこちら

FAQ

スタンフォード大学生はどんな方が教えてくれるのでしょうか?

スタンフォード大学に在籍する学生(日本からの日本人学生ではなく、ネイティブの学生)が担当します。

先輩スタッフはどんな方々ですか?

当校で学び海外大に進学されたOBOGの方々が先輩スタッフとして入ります。思うように言葉が通じない、何か悩みがある、と言う時にサポートしますし、また同じ日本人として先輩スタッフに海外進学についての話を聞くのも良い経験になるかと思います。

ワークショップの具体的な内容を教えて下さい。

ワークショップ開催の2週間前までに、受講者のみに直接ご連絡いたします。

参加者をどうグループ分けするのでしょうか?

アクティビティーによって、参加者の英語力や積極性などをみながら、多様性を考えながらグループわけをします。

子供は自分の意見を発表するなどが苦手なので、参加させたいのですが心配しています。

全く発言することが無かった、と言う状況にならないよう講師や先輩スタッフがサポートして参ります。また、是非ご家庭でも、積極的に話をすることに挑戦しようね、とお子様にお伝えください。当校では発言に正解も不正解もなく、思いを言葉にしていくことが大事だと考えますので、発言に対して間違いですと否定するような進め方はいたしません。少しの勇気を出すお手伝いをご家庭でもして頂ければ、より良い経験になるかと思います。

インターや海外の学校に通っている生徒で受講される方はいますか?

はい、毎年夏休みを利用して集中的に受講される方は何名もいらっしゃいます。

インター、もしくは海外の学校に通っているので高い英語力を持っています。受講者の英語力に開きがあると活発なグループワークができるか気になります。

確かに基準以上の英語力をお持ちでも、高い英語力をお持ちの方からみると思うように議論できないと思われるかもしれません。しかし、高い英語力をお持ちだからこそ、他の生徒の考えを引き出してあげたり、議論をまとめ上げたりするファシリテータースキルを磨く時間、もしくはリーダーシップを磨く時間、と捉えてみるのも良いのではないでしょうか?

そうすると、デザイン思考以外にも学べることは沢山あります。また、英語力と思考力・積極性は一致するとは限らず、英語力がなくても積極的にアイディアを出して貢献している人もいました。

お申し込み・お問い合わせ

終了いたしました

お問い合わせ先

igsZ総合案内

電話
03-3406-2255 火曜〜土曜12:00〜20:30(日曜・月曜を除く)
Email
info@iglobalsociety.com

お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ