igsZ Winter School 2018 〜教科学習x英語( CLIL )集中講座〜

2018年10月11日

「英語で学び」「英語で考える」ことにこだわってきたigsZが、今春4月より、中学レベル文法を修了された方を対象に「CLIL-Content and Langage Integrated Learning(クリル)」コースを新設しました。CLILは、新しい英語学習法として日本でも注目されるようになってきた、教科学習と英語学習を統合したアプローチです。12週間を1タームとして、これまでに心理学、アメリカ史、環境・保健政策、人類学などを開講しました。世界トップ大学卒の講師が教材となる本物の文献やビデオクリップを用い、分野初心者にも分かりやすい内容にして、英語学習コンテンツに取り入れています。「英語で学ぶ」ことに重点を置き、コンテンツの中で英語を効果的に習得することができます。

内容充実のCLILクラスを冬期講習で2つのテーマで開講いたします!

3つの特長

(1) 教科学習と言語学習を統合した新しいプローチ「CLIL:クリル」

(2) 米国トップ大学出身の指導経験豊富な講師

(3) 徹底した少人数制(定員10名)
先着順締切。1クラス3名未満の場合は、開講しない場合があります。

概要

会場 igsZ渋谷校(渋谷駅から徒歩5分)
アクセスはこちらから
対象 中学3年レベルの英語学習を修了していること。英語目安:英検2級以上
※授業はすべて英語で行われます。
日時 【講義+演習 A】2018年12月25日(火)〜12月29日(土) 13:00〜14:20
【講義+演習 B】2018年12月25日(火)〜12月29日(土) 14:30〜15:50 
受講料(税込) 各¥30,000 AB両方¥52,000 (税込) 
※※ウインタースクールお申し込み時に、別途登録料3,000円(税込)を申し受けます。登録料はキャンセルの場合、返金不可となります。
※※igsZ受講生(年間メンバーシップ費をお支払いいただいている方)は、登録料免除となります。

授業内容

【テーマA 環境問題-気候変動】
日時:12月25日(火)~29日(土) 13:00~14:20
内容:実際に起きている環境問題を取り扱い、問題解決に向けて、「国際機関」「政府」「企業」「個人」として何ができるのかを考えます。

【テーマB 東京オリンピック2020】
日時:12月25日(火)~29日(土) 14:30~15:50
内容:2020年東京オリンピック開催まで2年を切り、様々な角度から考えます。開催の意義、経済効果、施設や交通機関の整備、治安の問題、来訪者へのサポートなど、個人レベルでどんな貢献ができるかなども考えます。

講師紹介

Vo R. Yoon
University of Chicago 卒業(公共政策学学士、2016)。学内ですぐれたリーダーシップを発揮した学生だけに贈られる RISE Up Award を大学から授与された。卒業後は韓国の語学学校で SAT, TOEFL 等の指導にあたった後、2016年11月より着任。
“The road to knowledge is long and difficult, but if you steadily keep going, you’ll find the ability to make the world better for yourself and for others.”

お申し込み・お問い合わせ

以下のリンクをクリックすると「お申し込みフォーム」が表示されますので、そちらからお申し込み下さい。

お問い合わせ先

igsZ総合案内

電話
03-3406-2255 火曜〜土曜12:00〜20:30(日曜・月曜を除く)
Email
info@iglobalsociety.com

お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ