「福原アカデミー2018」新規生募集のお知らせ

2018年4月20日
29250748_2118979468332095_226259822_o

2018年はスペイン・バルセロナにて、サグラダ・ファミリアについて講義を予定!

海外大学を目指す人だけでなく、国内難関大学を目指す人にとっても、今後は「自ら課題を発見し、深く考え、表現する力」が求められます。こうした力は、大学卒業後、グローバルな社会で活躍するための基盤となる力・スキルでもあります。

こうした力を身に付けるためのグローバルリーダー育成講座「福原アカデミー」を2018年度も開講します。2017年度同様、海外研修を予め年間計画の中に組み込み、「教室での授業」×「教室外での課外活動」を一体化させた、生徒みずからが主体的に参画する密度の濃い講座です。

自分の軸を確立するための哲学的アプローチはこれまでどおり継承しつつ、2018年度は年間テーマとして「STEAM (Science, Technology, Engineering, Art and Mathematics)」を課題に掲げます。人工知能やテクノロジーを活用した社会課題解決について、プログラミング学習も組み込みながら、主体的に学びます。国内・海外のテクノロジー系企業や研究機関等の訪問も予定しています。

福原アカデミー概要

カンボジア1 カンボジア2
会場 【東京】igsZ渋谷校(渋谷駅から徒歩5分)
アクセスはこちらから
対象 新高校1年生~3年生  ※授業は日本語で行われます。
受講料・日時・講座カリキュラム等 下記「募集要項」(PDF文書)をご覧ください
福原アカデミー募集要項
選考課題 下記のテーマについて、800~1200字の論文をご提出いただき、選考します(使用言語:日本語)。
テーマ:『テクノロジーを利用した社会改革が進む事例を取り上げ、それを批評しなさい(いい点と悪い点双方を延べ、自分の考えを書く)』
【提出方法】email送付(Word文書添付)
info@iglobalsociety.com
応募締切 <最終>2018年5月28日(月)

(1) グローバルリーダーになるための1年間集中コースです。
本コースに参加した学生は、福原学院長との対話、多くの教養やリーダーに触れる機会などを通じ、自らを深く理解し、世界に対する見方(知識に関する問いを含む)や探索的なプロジェクト実行方法、世界に対する働きかけの方法などを多面的に学びます。今年は年間テーマとして「STEAM (Science, Technology, Engineering, Art and Mathematics)」を掲げ、国内外の研究機関の訪問なども予定しています。

コース終了時には、世界のトップスクールのみならず、東京大学推薦入試・京都大学特色入試、および早慶大のAO入試などの国内大学入試にも合格できるエッセイが、内容面も含め書けるようになるのは勿論、2020年度以降の新大学入試で求められる「自ら課題を発見し、深く考え、表現する力」、すなわち大学卒業後、グローバルな社会で活躍するための基盤となる社会人基礎力・汎用的スキルを、しっかり身に付けることができます。

(2) 年間6回の「授業」+「課題解決型 海外研修」がセットとなった参加型授業(アクティブ・ラーニング)です。
前期(6月、7月)には、「テクノロジーによる社会変革」と「意思決定論」に関して、後期(9月、10月、11月、12月)には、論理学や哲学などを経由して、最終的に「テクノロジーでの社会解決にむけて何をするのか?」というところまで考えていきます。8月にはスペイン(予定)を訪れ、現地での課題を自ら発見し、解決策を考えます。

(3) 選抜制の少数精鋭授業(定員18名)
授業、海外研修ともに、最低人数に達しない場合は開講しない場合があります。
選考方法やスケジュール等の詳細については、下記の募集要項をご覧ください。

★福原アカデミー2018募集要項★
こちらのPDFファイルをご覧ください。
福原アカデミー募集要項

お問い合わせ先

igsZ総合案内

電話
03-3406-2255 火曜〜土曜12:00〜20:30(日曜・月曜を除く)
Email
info@iglobalsociety.com

お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ