東京大学推薦入試により日米トップ大学併願が加速! 東大と米トップ大学ダブル合格の実績を持つigsZとZ会が提案する、新しい選択肢

2014年2月3日

東京大学推薦入試が意味することは、日米トップ大学併願の動きの加速!
設立3 年で世界のトップ大学(東大と米国トップ大学ダブル合格を含む)への合格実績を持つigsZと、 日本の難関大学入試で堅実な合格実績を持つ株式会社Z 会が提案する、新しい選択肢

背景

先週発表された東京大学が2016 年度入試から実施する推薦入試は教育市場を揺るがせました。高校での成績、センター試験の成績、TOEFL®やSAT®の成績、面接を選抜の基準とする学部が出るなど、アメリカの大学と似た形式の入試形態が取られる様になったのです。日本の大学入試のありかたが変わり、求める人物像が「グローバル人材」になった大きな証左と言えるでしょう。この変化は、足元で起こっている日米トップ大学併願の動きを加速することになるのです。

概要

新高2、高1、中3 生対象「日米トップ大学併願プログラム」と、無料ガイダンス東大推薦入試に象徴される「グローバル人材育成」の大きな潮流の中で、これからの中高生はどのような勉強をしていったらいいのでしょうか?
昨年おこなった株式会社増進会出版社との資本提携のもと、igsZはこの度、株式会社Z 会と、新高2、高1、そして、中3 生対象の「日米トップ大学併願プログラム」をスタートします。このプログラムは、優秀な中高生に、大学入試がまだ間近な問題となる前に、世界を視野に、より自分を高めてくれる大学選びとその対策を可能にいたします。(参考サイト:igsZ×Z会東大マスターコース 日米トップ大学併願プログラム 〜ハーバード大学と東京大学のダブル合格を目指そう!
また、本プログラムに先立ち、3 月9 日に、この「日米トップ大学併願プログラム」の無料ガイダンスを行い、東大推薦入試の意味すること、東大やハーバード大学などの日本と海外のトップ大学を併願するにあたってのスケジュール、海外大進学に求められる英語力や国内難関大入試合格に向けて必要な力、そして明日を担う人材に不可欠な思考力について、igsZ学院長の福原正大、igsZスタッフでもある国際開発コンサルタント、ハーバード大・大学院卒で元東京大学特任助教の濱川知宏、Z 会担当スタッフが講演します。

igsZについて

igsZ は、2010 年より未来のグローバルリーダー育成スクール(小中高生対象)を東京渋谷にて運営しています。igsZの中高生プログラムでは、高校・大学進学のみを目標とせず、世界のトップスクールを経てグローバルリーダーとなるための教育をしています。昨年度は、東京大学や慶応義塾大学経済学部との併願を含み、海外のトップスクールへの合格を果たしています。小学生プログラムでは、「英語を」教えるのではなく、イマージョン・プログラムにて、英語で思考力と実行力を身につける教育を行い、未来のグローバルリーダーとなる素養を育んでいます。

igsZ 学院長

福原正大は、広島女学院中学高等学校、東京医科歯科大学のアドバイザーを務める他、講談社現代ビジネス「世界のトップスクールで学ぶ日本人」の連載、以下の書籍などを記しています。
『ハーバード、オックスフォード…世界のトップスクールが実践する考える力の磨き方』2013 年10 月(大和書房)
『目指せ日米トップ大学ダブル合格-TOEFL Junior®テストからTOEFL iBT®テストへ』2013 年9 月(Z 会)

お問い合わせ先

株式会社igsZ
東京都渋谷区渋谷1-23-18 ワールドイーストビル4 階
Mail:info@iglobalsociety.com、Web:www.iglobalsociety.com
電話受付時間)火〜金12:00〜20:30、土10:00〜18:30(日・月休業)
TEL:03-3406-2255、Fax:03-3406-2256

お問い合わせ先

igsZ総合案内

電話
03-3406-2255 火曜〜土曜12:00〜20:30(日曜・月曜を除く)
Email
info@iglobalsociety.com

お知らせ
Information

イベント・説明会
Event

igsZ公式Facebookページ